顔の産毛の正しい処理方法

顔の産毛の正しい処理方法

顔の産毛の正しい処理方法というのは、個人差があると思います。
肌の強い人は医療脱毛やエステサロンに行き、コストを払って永久脱毛をすれば、それもある意味正しいですし、コストをかけたくない人なら自己処理ですよね。
自己処理で顔の産毛を正しくというのも色々あります。

 

ただ、1つだけ顔の産毛の処理でやってはいけないのが毛抜きで抜くことです。これは正しい処理方法とはいえません。
毛抜ローラーで抜くのも正しい処理方法とはいえないでしょう。なぜなら毛穴が広がり、たるみの元になります。

 

雑菌が毛穴に入ることもあり、リスクは高いけれど、痛いという、あまり現実的な顔の産毛処理方法でもなさそうです。

 

自宅での顔の産毛の正しい処理方法として、カミソリを使った方法と、電気シェーバーを使った方法をご紹介します。

 

顔の産毛処理と言えば、どんなやり方を思い浮かべるでしょうか?
多くの方はフェイス用のカミソリを使ったお手入れを思い浮かべると思います。
順序としては、まず洗顔をしてメイクや顔の汚れを落とす。メイクしたまま、汚れがついたままでカミソリを使うと、雑菌が肌の中に入りやすく肌トラブルの元になります。
メイクをしていなくても、でも空気中の汚れや雑菌、酸化した皮脂などが付いているので産毛処理をする前は必ず洗顔しましょう。
肌を守るため、カミソリの滑りを良くするために、乳液やクリームはたっぷり付けておきます。

 

そして、毛の流れに沿ってカミソリをゆっくり滑らせる。
カミソリよりも簡単なのが顔専用に発売されているフェイス用電動シェーバーです。
電気シェーバーは刃が直接肌に触れない構造をしているので、カミソリだと刺激を感じるという方におすすめの処理方法です。

 

使い方はカミソリと同じなので今までカミソリしか使ったことがないという方でも簡単に使えます。
ただし、肌に触れないという構造上、カミソリよりは早く産毛が伸びるというデメリットがあります。

 

肌への負担が小さい分カミソリよりこまめに使用できるので、「伸びてきたな」と思ったらその都度お手入れしましょう。
顔の産毛をはじめとするムダ毛は男性ホルモンが濃く太くさせる原因です。

 

女性の身体の中にも少量の男性ホルモンが存在し、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが増えてしまいます。
女性ホルモンにはムダ毛を薄くする効果があり、女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボン入りの化粧水やクリームを使えば顔の産毛を薄くすることができます。

 

顔だけでなく腕や足にも同じ効果があるので、ボディケアに大豆イソフラボン配合のクリームを使うのもおすすめです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?